Virtual Railroad Models | TOP | MENU | INDEX |

鉄道模型シミュレーター3
番外編


4号のビル (02/12/21)
追加情報 (03/03/01)
なかもずさんからの提供情報により解説を追加


(1)商業ビル

4号パッケージの部品は、1号と共通するものが多いですが、一部更新されたものがあります。
(FINETRACKでのリニューアル対応)
その中で、商業施設にある商業ビルA-Cは、看板や塗装が新しくなっただけでなく
なぜか外見も入れ替わっています。
 商業ビルA商業ビルB商業ビルC
1号
4号


追加情報
従来はA,B,CがワンセットになっていたTOMIXの商業ビルセット(品番:4019)ですが、
FINETRACKではリニューアルと共に商業ビルA-Cとしてバラの発売(品番:4042-4044)となり、
この新しい製品名に合わせて4号で名称が改訂されたようです。


(2)駅

駅舎も、高架駅が自動改札になったり、テナントが新しくなりました。
(木造駅舎は変わらずです)
 高架駅A(改札口)高架駅B(店舗)
1号
4号


これらのビルや高架駅は、1号と4号で別の部品なのですが、名前が変わっていないため
1号に4号を追加した状態では見分けがつきません。

(同じ名前が2つ並んでいますが、上側が4号、下側が1号の部品となるようです)


よく見れば、レイアウター上で見た目の違いで区別できたりもしますが。
(ただし、高架駅Bは外見が同じなので無理でしょう)

左が4号、右が1号の部品(外見や改札口の違いがわかる)


追加情報
高架駅Bもよーく見ると区別がつきました。
1号の高架駅Bには「新山手駅」の駅名表示がありますが、4号の方にはないので
この違いがレイアウターで確認できます。

左が4号、右が1号の高架駅B(矢印の所が駅名板にあたる部分で、見分けるポイント)