鉄道模型シミュレーター2


裏技紹介


ウィンドウモード(00/03/06)

DirectX7版のβバージョンではビュワーがウインドウモードで起動
していましたが、正式版ではフルスクリーンに固定されました。
不正な操作を防ぐためですが、実はレジストリを書き換えることで
ウインドウ表示にする事が出来ます。

レジストリ変更

レジストリの操作は危険が伴います。運が悪ければVRM再インストール
最悪WINDOWSが起動しなくなるかもしれません。
以下の説明で意味が分かる方のみ自己責任でお願いします。


ウインドウモード:フルスクリーン
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_windowmodesave
値:1 (0でフルスクリーン)

ウインドウサイズ(X)
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_windoww
値:1024 (横サイズ指定)

ウインドウサイズ(Y)
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_windowh
値:768 (縦サイズ指定)

ウインドウ原点(X)
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_windowx
値:100 (ウインドウ左端位置)

ウインドウ原点(Y)
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_windowy
値:100 (ウインドウ上端位置)

環境設定「640*480で実行」チェックON
キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\IMAGIC\APP\RailroadSystem
名前:ly_vga
値:1 (0で320*240ドット)


ウィンドウモード時はF3キー或いはFileメニューのChange deviceで
解像度指定ができません。(何か設定があるのかもしれませんが)
もっとも、ウインドウ枠をドラッグすれば自由にサイズを変更可能です。
上の画像のように変則サイズにもなります。

Home Menu Index