鉄道模型シミュレーター2


裏技紹介


解像度変更(99/10/06)

V2になっても高解像度モードは正式にサポートされませんでしたが
解像度切替の隠しコマンドは残っていました。
これまで同様環境設定 では通常の解像度しか選択できませんが
ビューワー画面でF3キーを押すことで 解像度が切り替わります。
(F2キーやF4キーでの切り替えはなくなりました)
以前のように一覧が表示されてその中から選択するのではなく、キーを
押すごとに解像度が上がっていくようになっています。
切り替えは一方向のみで,最高までいくと次は最低へ戻ります。
まるでスーパーカブみたいな・・・(知ってます?ロータリーギア)
なお、1600*1200や1152*864にはなりませんでした。
どちらもV1では可能でしたが、ドライバーのせいかもしれません。
( VIDEO CARD : DIAMOND Viper V550 driver 4.10.01.0220)


追加情報(00/02/09)
現在I.MAGICページにてDirectX7対応β版が公開されていますが
このバージョンではF3キーによる解像度切り替えがなくなりました。

その代わりF10キーを押して、FileメニューからChange deviceを選択すると、
File メニュー

解像度切り替えのウィンドウが開き様々な解像度を選択できるように
なっています。 選択項目はV1でのF2キーの機能と同じような感じです。
Change device


追加情報(00/02/16)
DirectX7対応正式バージョンでは解像度切り替えが再びF3キーに戻ります。
なお、切り替え方法は上記と同じ切り替えウインドウでの選択です。
また、F10キーによる、ウインドウモードはなくなります。
(現在公開中のβ2版で既に修正されています)


サンプル画像更新(00/06/20)
以下は解像度を切り替えた画像サンプルです。(RIVA TNT)
320*200ドットから1600*1200ドットまで12段階に変更できました。
クリックすれば拡大表示されますが、違いがわかるように元サイズの
ままリサイズしていません。JPEGにしてありますがファイルサイズが
結構でかいですのでご注意ください。

320*200 320*240 400*300
320×200(21KB) 320×240(24KB) 400×300(35KB)
480*360 512*384 640*480
480×360(45KB) 512×384(50KB) 640×480(71KB)
800*600 960*720 1024*768
800×600(90KB) 960×720(130KB) 1024×768(142KB)
1152*864 1280*1024 1600*1200
1152×864(169KB) 1280×1024(203KB) 1600×1200(272KB)

VIDEO CARD : DIAMOND Viper V550 (driver 4.12.01.0368)

Home Menu Index