鉄道模型シミュレーター2


技術情報


列車の速度2(01/02/3)

前回の調査で車両の種類によって走行速度が高速(新幹線)、中速(特急)、低速(普通)の
3種類に分類できることがわかりました。
では速度の異なる車両を連結して走らせた場合はどうなるのでしょうか。
前回と同じパターンで調べてみることにしましょう。

測定方法
環状線に色々な車両の組み合わせの編成を配置して全速力で走らせ、
一周にかかる時間を測定。
測定コースの一周距離は前回同様の3662mm。

以下では便宜上、車両の種類および走行速度について
新幹線を”A”、特急を”B”、普通を”C”で表すことにします。

この編成パターンは2B+A+3Cと表現することができます。
また、一周の走行時間が普通相当(3662mmを31秒程度)であった場合、速度はCとなります。

速度測定結果
編成パターン配置車両走行速度
A+B 121-3000
モハネ285
B
C+B キハ111
モハネ285
B
A+C 121-3000
キハ111
C
B+C モハネ285
キハ111
C
B+A モハネ285
121-3000
A
C+A キハ111
121-3000
A
A+B+C 121-3000
モハネ285
キハ111
C
B+A+C モハネ285
121-3000
キハ111
C
B+C+A モハネ285
キハ111
121-3000
A
C+B+A キハ111
モハネ285
121-3000
A
C+A+B キハ111
121-3000
モハネ285
B
A+C+B 121-3000
キハ111
モハネ285
B
2B+A+3C EF65-500
クハ481
E155
タキ43000
タキ43000
タキ43000
C
2C+2B キハ30
コキ100
ナロ20
キロ280-1
B
2B+A EF65-500
クハ481
E155
A
マシン環境:P3-600(河童)、GeFORCE2MX メモリ256MB

どうやら一定の規則性が見えてきました。
列車の速度は、先頭車や中間車の編成の種類に関わらず
最後尾の車両だけで決まるようです。
いくつか走行方向を反転(編成エディタで「進行方向反転」にチェック、
あるいは走行中にスペースキーで反転)したり、車両の向きを反転
(配置時に右クリック)してもみましたが、特に影響はなさそうでした。

Home Menu Index