鉄道模型シミュレーター2


技術情報


フレームレート(99/10/06)

これはV1から継承されている隠し機能ですが、ビュワー画面で
CTRLキーを押すと、押している間だけ左上にフレームレートが
表示されます。

サポート外なので文句は言えませんが、時々上のようなとんでもない
表示になったりもします(^^

長大編成車両を何本も走らせたりすると動きがコマ送りになる上
キー操作の反応も鈍くなるので実用的ではなくなります。
そこで実用限界程度まで列車を詰め込み、ビデオカードやCPUの違いで
どの程度フレームレートが変わるものか試してみました。
なお、今回のように車両(及びレール)が多いとフレームレートは極端に
落ちます。単純な環状線に1編成なら同じ環境で3桁いくこともあります。

測定条件
・拙作の20truck.lay上に北斗星(13両編成)5本を走らせ、
平均的なフレームレートを測定。


環境設定
・建物にフィルター適用
・車両にフィルター適用
・640*480モードで実行
・地形を高速表示
・サウンドあり
・表示:高速

フレームレート比較
CPU Celeron300APen!!!-450
VIDEO RIVA128(V330)RIVA-TNT(V550)VooDoo3(AGP2000)RIVA-TNT(V550)
C
L
O
C
K
300MHz
(66*4.5)
N/A 3-5 N/A N/A
450MHz
(100*4.5)
9-10 5-7 7-10 N/A
600MHz
(133*4.5)
N/A N/A N/A 7-8
共通設定:AGPクロック2/3、メモリー128MB、タイミング2−2−2


P.S.
近々GeForceが出るそうですが、どのくらいパワーアップするのか楽しみですね。

Home Menu Index