CHO-Rail

VRM ガイドブックフォロー


鉄道模型シミュレーター完全ガイド
正誤表 2000/05/23
ページ 内容
48 TOMIX島式ホーム(近代C)の画像
57 車両区詰所の分類
車両保守台の分類
V2opt 基本V1
63 自動車陸橋の画像



鉄道模型シミュレーターテクニカルガイド
正誤表 2000/10/13
ページ 内容
91 島式プラットホーム中央D 間違いというわけではないが、完全ガイドの画像がダブって掲載されているので削除 右列上から3番目の画像
91 島式プラットホーム中央E 間違いというわけではないが、完全ガイドの画像がダブって掲載されているので削除 左列上から4番目の画像
100 学生A
100 学生B
100 学生C
正誤表 2000/05/29
ページ 内容
45 「線路について」 標準複線間隔34mmで、カーブレールの曲率もR257から34mm間隔となっています。 標準複線間隔34mmで、カーブレールの曲率もR257から34mm間隔となっています(画面47)
45 「線路について」 IS128+IS129にIS34を複数組み合わせることでカーブ半径分の長さを作り出すことができます(画面47) IS128+IS129にIS34を複数組み合わせることでカーブ半径分の長さを作り出すことができます(画面48)
45 「線路について」 IP495を組み合わせると34mm複線間隔が簡単に作成できます(画面48) IP495を組み合わせると34mm複線間隔が簡単に作成できます
46 画像48 IP495を組み合わせる IS128+IS129にIS34を組み合わせる
93 エンドレール PC車止め
(分類は線路付帯設備)
車止めコンクリ
93 エンドレール 木製車止め
(分類は線路付帯設備)
車止め
93 在来線単線架線柱A
93 在来線単線架線柱B
93 在来線複線架線柱
99 3灯式線路信号機
101 樹木A
101 樹木B
101 樹木C
101 樹木D
99 TOMIX詰め所
99 TOMIX信号所
99 TOMIX複線機関庫
(間違いというわけではないが)
107 分類 高架プレートFE直線 高架プレートFE曲線


これらの正誤表は、私が誤りに気づいた点というだけで、
工学社から正式に出ているといった類のものではありません。

メニュー


トップページに戻る